英会話教室での体験談

自身が小学4~6年生の頃に自宅近くの英会話教室に通っていました。
大手のように集団で行う授業ではなく、個人指導の地域に根差すこじんまりとした英会話教室でした。中学校から本格的に英語としての科目が始まること、その後の高校入試、大学入試等の試験に少しでも役立つようにと親が考え、勧められた状態で入校しました。

 

当時は、英語そのものに全く興味がなく、週に1日だけ通っていたのですが、最初の頃は退屈で仕方ありませんでした。しかし、レッスンして頂く女性の外国人先生がとても優しく、私が言葉に詰まってアタフタした際でも笑顔で返してくれ、信頼のおける先生に出会えたなと運の良さを実感しました。

 

授業内容は、絵本に書かれている短い英文を先生と一緒に声を出しながら読み上げることやカードゲームをしながら英単語を少しずつ身に付けていくというスタイルでした。

 

そのため、授業というよりは、お遊びをしながら英語に慣れていくといった感じで、今の私が英語を好きでいられるのは、当時の楽しさ溢れた英会話教室の存在があったからだと思っています。